【巻き戻し世界を旅する】「テネット」のネタバレあらすじ徹底考察

TENET(テネット)

2020年、

クリストファー・ノーラン監督により、

制作された作品。

物語のテーマは「時間逆行」

上映時間は151分。

 

あらすじ

特殊部隊に所属する一人の男が居た。

テロを防ぐために、オペラハウスにて

任務を遂行する男だったが、

「弾丸の不思議な軌道」によって、

敵に拘束されてしまう。

 

おぞましい尋問が行われ自殺薬を服用するが、

ベッドの上で目が覚めるのだった。

 

「名も無き男」は、

「時間逆行」に翻弄されるまま、

世界滅亡の危機と対峙する戦争に

巻き込まれていくこととなる…。

 

出演役者

本作の主人公、

名前が明かされない

「名もなき男」を演じるのが

「ジョン・デヴィット・ワシントン」

 

主人公の相方、「ニール」を演じるのが

「ロバート・パティンソン」

 

本作のヒロイン「キャット」を演じるのが

「エリザベス・デビッキ」

 

世界を壊そうと目論む武器商人、

「セイター」を演じるのが

「ケネス・ブラナー」

 

ネタバレ考察

今までの「時間」をテーマとした作品とは一味違う作品だった。

突然だが、皆さんは

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」という映画を

観たことがあるだろうか?

かの「ロバート・ゼメキス」

名画としても名高い作品の一つであるが、

「時間」をテーマとして掲げる映画作品として、

まず頭に浮かぶのはこの作品だろう。

 

この「BTF」を初めとして、

「タイムマシン」や「能力」によって

過去と未来を行き来する作品は数多く存在し、

本作の「テネット」も、例外なく「時間」が

テーマとなる作品となっていただろう。

 

しかしこの「テネット」、

これまでに描かれた時間をテーマとした映画作品とは、

少し違う世界観で物語が展開されることとなる。

それが映画の「巻き戻し」という世界観だった。

 

過去や未来を行き来する上で、

本作のキャラクター達「時間の逆再生」が行われる中、

アクションが繰り広げられる。

 

車は後ろに向かって走り、

鳥は後ろに向かって飛び、

弾丸は、弾痕から通常の勢いで、

銃口に向かって弾道を描くこととなる。

 

そんな「時間逆行」を利用した物語の構成や

伏線回収こそが、

本作の一番の見どころであり、

他の「タイムトラベルモノ」では

描かれなかった作風となる所以だった。




そもそも「テネット」とは?

本作のタイトル「テネット」、

作中にもあらゆるシーンで出てくる単語ではあるが、

その真意は主人公の属する

「組織の名前」である。

映画では大々的に語られることが

無かったのではないだろうか?

辞書によると「TENET」は

「信条、主義、原則」という意味であることが記されていた。

 

なぜ組織の名前が「TENET(テネット)」であったは、

まだ調べきれてはいないが、

この「TENET」という単語が

「回分(前から読んでも後から読んでも同じ)」

であることが関係していることは間違いないだろう。

 

このテネットの回分、

実は、事実史に基づき存在する、

世界最古と言われるラテン語の回分がモデルとなっている。

 

この回分、「TENET」以外にも、

「SATOR」「AREPO」「OPERA」「ROTAS」とも

読み解くことができるが、

「SATOR(セイター)」

「OPERA(オペラ)」など、

この回分に関係したワードが、

この映画では登場することとなる。

 

「TENET」という言葉の持つ意味や、

映画のセリフの一つ一つがもたらす意味も、

「アストラル界」と呼ばれる

「精神活動」や「霊媒、心霊」といった、

オカルト要素に切り込むような内容となっている。

本作の内容は想像通り、

壮大で難解なスケールの作品である。

 

なぜ時間が「逆行」できるのか?

時間の逆行を行う秘密組織「テネット」は、

武器商人の「セイター」による、

自身の死後に起こる「世界滅亡」を食い止めるために、

過去や未来を行き来し、

「逆行」の世界を走り回る。

 

それでは、自己中心にもほどがある、

セイターの傍若無人ぶりはとりあえず置いておいて、

どんな原理で「時間逆行」が行われているのだろうか?

 

今作で登場する「時間逆行装置」

今作の重要なアイテムとなっているようであるが、

この装置の部品となる、

「9つのパーツ」がキモとなっているだろう。

 

ちなみに、

9つのパーツの最後の一つである、

「241」を追い求めるのが今回の物語の大筋となっている。

 

この「時間逆行装置」のパーツとなるものは

未来の科学者によって開発され、

過去に送られてきたという設定となっていた。

 

また時間逆行装置の重要な関連用語として

「アルゴリズム」という単語が出てくる。

このアルゴリズム、

簡潔に述べると時間逆行の「手順」という内容である。

今作で主人公が追い求める、

パーツこそがこの逆行の「アルゴリズム」

という内容なのである。

 

また、パーツに関して、

「プルトニウム」という単語が出てくるが、

前述した「BTF」のタイムマシン、

「デロリアン」でも「プルトニウム」を

ガソリンとし、タイムトラベルを行っていたことが共通している。

 

今作における「逆行」の技術については

正直、理解が及んでいない部分が多いが、

徐々に紐解いていくこととしよう。




「逆行」を利用した伏線回収

時間の巻き戻しを利用した

伏線回収が多く成された今作、

車が逆走し、弾痕から銃口に弾が戻ったりしていたが、

一番印象的だった「逆行シーン」は

「赤と青の部屋」だろう。

 

本作における

「逆行」を魅せる最初のシーンであり、

これにより、少しずつ鑑賞者の理解が進んでいくこととなる。

 

赤の部屋は「順行」

青の部屋が「逆行」である。

 

「テネット」のメンバーは

順行している赤のチームと

逆行している青のチームに分かれ、

それぞれの時間軸からの「挟撃作戦」

行う設定であり、(この辺で既に頭がパンク寸前)

映画の前半で繰り広げられたアクションを、

後半の「逆行」でどんどん回収していく作風であった。

 

襲われた謎の人物がまさかの「自分」であったり、

音声の逆再生(逆行時に普通に聞こえる)であったり、

ニールが「未来の自分」に雇われた人物であったり…。

 

また、リュックにストラップを付けた死体が蘇り、

自身の命を救ってくれたシーンがあり、

そのリュックを背負ったニールが描かれる描写

なかなか印象的だった。

 

そして、最終的には

「TENET」の創設者は自分自身であるというオチ。

 

まるで「T-800」を

過去の自分に送り込んだ、

ジョン・コナーのようである。

 

おわりに
ノーラン監督とジョン
ノーラン監督とジョン

まだまだ公開されたばかりの本作、

配信やBlu-rayには時間がかかる為、

これから2度目、3度目と劇場に足を運ぶ

鑑賞者も多いだろう。

 

ノーラン監督作品ならではの「スルメ要素」

これを楽しみつつ、

今後も「TENET」を楽しんでいきたいと思う。

 

そしてどうか、

理解が及んだ鑑賞者の方は、

詳しく解説をしてほしいと書き加え、今回はペンを置こう。

 

今作の「テネット」を描いた

クリストファー・ノーラン監督は、

他にも「インセプション」「インターステラー」

描いたことでも、有名な監督となった。

 

【夢の中の夢の中の夢】映画「インセプション」ネタバレあらすじ考察

【壮大すぎる!映画史に残るSF作品】映画「インターステラー」ネタバレあらすじ考察